おせち いつから いつまで

おせち料理はいつからいつまで食べるもの?

お正月の縁起物としていただくおせち料理。

 

新年を迎えてからおせち料理を食べると考えている方が多いのですが、実は一部の地域では前日の大晦日からいただくというケースもあります。
おせち料理について東北方面にご両親の実家がある知人と話すことがあり、驚きました。

 

紅白を見ながらおせち料理を広げて、酒宴。
年越しそばは大晦日の昼間のうちに食べるという話でした。

 

おせち料理を年迎えとする風習

 

季節の変わり目としてお正月に食べると言われているおせち料理ですが、元来、大晦日に年迎えとして食べる料理として作られていました。
その風習がまだ、東北方面には残っているのです。

 

時代と共に変化していき、厄を断ち切るためのそばを夕飯として食べるという家庭も出てきました。
質素な夕飯にし、翌日の新年を豪華なおせち料理で迎えたいという視点もあるのかもしれませんね。

 

最近は家族そろっての新年を迎える機会がないというご家庭もあります。
ニューイヤーコンサートや、福袋の購入、初詣に親戚への挨拶。
体が落ち着くのが夕方からというご家庭も多く、食べ始めるのがお昼過ぎから夕方になるそうです。

 

おせち料理はいつまで食べるもの?

 

おせち料理は正月三が日食べるものと言われています。
昭和に入ってからのいわれなのかもしれませんが、主婦が正月三日間、台所仕事をやらなくてよいようにと言う意味から来ています。
三日間食べるものということで、以前は重箱を2セット用意するご家庭もあったでしょう。

 

近年はコンビニやスーパーが元旦から営業していることも多く、このような風習は当てはまることが少なくなってきています。
おせち料理の風習自体廃れてしまうのかと思いきや、実際はコンビニですら一人用のおせち料理を販売しています。
それだけ、正月三が日はおせち料理を食べるという風習が根付いているのですね。

page top