からだきれい におい

からだきれいサプリメントを飲もうと思ったきっかけは色々あると思いますが、まずはニオイ対策ではないでしょうか?

 

ニオイ対策をしたほうが良い、「気になる体のにおい」とはどのようなものかをこの記事ではまとめてみました。

体臭

体のニオイの種類

足クサさから汗のニオイまで、体臭には色々な種類があります。

 

体臭を生み出す材料には、汗、皮脂、細菌(皮膚上に常在するもの)の3つがあります。

 

さらに細かく分けると、汗にはエクリン腺から出る汗とアポクリン腺から出る汗、皮脂には皮脂腺から出る皮脂と角質層の中にある皮脂があります。

 

これらの組み合わせによって、頭、体幹、脇、足に独特な臭いが発生するというわけです。

 

体臭には、次のような組み合わがあるとされています。

  • 頭の臭い=エクリン腺の汗+皮脂腺からの皮脂
  • 体幹の臭い=エクリン腺の汗+皮脂腺からの皮脂+角質層の皮脂
  • 脇の臭い=エクリン腺の汗+アポクリン腺の汗+皮脂腺からの皮脂+角質層の皮脂
  • 足の臭い=エクリン腺の汗+角質層の皮脂

 

以上のような組み合わせの汗と皮脂によって細菌が繁殖して、さらに酸化することによって、臭いが発生します。
付け加えると、腋臭(わきが)の場合は、体質上アポクリン腺の数が多いということになります。

加齢臭

体臭対策の商品メーカーの研究によって、年齢による体臭は加齢臭とミドル脂臭(ししゅう)に分けて考えられるようになりました。それぞれの違いは次の通りです。

 

加齢臭

  • 50代半ば以降から発生。
  • 胸や背中を中心に臭いが生じる。
  • 特徴は、枯れ草のような臭い。
  • 要因は、脂肪酸(パルミトレイン酸)の増加。

 

ミドル脂臭

  • 30代半ば~50代半ばに発生。
  • 後頭部を中心に臭いが生じる。
  • 特徴は、古い油のような臭い。
  • 要因は、ジアセチルという成分。

 

いずれにせよ、中年以降の男性に多く見られるニオイで、女性からは敬遠されがちなものです。
脱いだ衣類の首元などを臭ってみたり、枕を臭ってみると自分でも気づくかもしれませんのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

口臭

口臭

口臭は、生理的によるもの、病気によるもの、外部からの影響によるものがあります。

 

  • 生理的による口臭は、唾液の分泌が足りなくなった時に発生します。これに当たるのは、起床時や空腹時、緊張時などに生じる不快な口臭です。
  • 病気による口臭は、歯周病、進行した虫歯、消化器系の病気などで発生することがあります。
  • 外部からの影響による口臭には、ニンニクやニラなどの食品、アルコールやタバコなどの嗜好品などで発生することがあります。

便臭

便臭

便が臭くなるのは、腸内環境で起こることがすべてです。

体内に吸収されなかったものが腸内に残り、それが発酵することによって、便が臭くなってしまうのです。

 

まず、タンパク質や脂肪などが大腸菌やウェルシュ菌によって分解され発酵します。
その結果、アンモニアやインドール、スカトール、硫化水素などを発生させるようになります。

 

大腸菌とウェルシュ菌は悪玉菌です。

 

大腸菌は、加齢や偏った食生活などの影響を受けて、腸内で数が増えていきます。
ウェルシュ菌は、無酸素状態の場所で増殖する特徴があり、健康な腸で見られることは少ないと言われています。

まとめ

一言で「気になるにおい」といっても様々な原因で色々なニオイの種類があることがわかります。

 

自分で気づくレベルになると、すでに周囲は気づいていて黙っている・気を使わせている・迷惑をかけているということになります。

 

もし今は大丈夫でも、年齢によるニオイが発生することもあります。
家族などにはその時が来たら遠慮なく言ってもらうようにし、サプリや入浴、食生活などでニオイを改善していきたいものですね。