おせち 重箱

おせち料理の重箱の選び方とお手入れ方法

新しい新年を迎えるからこそ、今年一年の縁起を込めてお祝いしたいですよね。

 

おせちといえば重箱にきっちり美しくつまっているお料理ですね。
お皿に料理だけ並べればいいじゃないか、と思いますが、実は重箱に詰めることに意味があるのです。

 

おせち料理に重箱を使うことは福を重ねるという意味があります。
端から端までおせち料理が詰め込まれた重箱、それ自体が縁起物なのですね。

 

おせちに使われる重箱のサイズとは

 

おせちによく使われる重箱の種類は3種類あります。

 

4寸 縦12cm、横12cm、高さ12cm
5寸 縦15cm、横15cm、高さ15cm
6.5寸 縦19.5cm、横19.5cm、高さ19.5cm

 

多くのご家庭の場合、3〜5人前の料理が入る重箱があるのではないでしょうか。
しかし、核家族が進んだうえ、お刺身やすき焼きなどの料理もふるまう場合も多いです。

 

これから重箱を新たに購入するのであれば、おせちだけを入れる重箱として、2〜3人前のサイズがおすすめです。

 

もし、すでに大きな重箱がある場合は、三段全ての重を使うのではなく、2段重として使用するのもよいですね。

 

 

重箱のお手入れは?

 

重箱が作られている素材の多くは木です。その上から漆が塗られています。
木でなくてもプラスチックに漆が塗られている場合もあります。
洗うときに他の食器とぶつかることで漆が剥がれてしまったり、乾燥させるための熱風で漆にヒビが入ることもありますので、食器洗い乾燥機で洗ってはいけません。

 

また、強い力がかかるとヒビが入り、漆だけがとれてしまうこともよくあります。
重箱などの漆食器は柔らかめのスポンジで丁寧に洗いましょう。
落ちない汚れには水分をすこし多めにしたスポンジで、柔らかくこすってみましょう。
水分を少し汚れに含ませることで、徐々にですがとれやすくなります。

 

洗い終わって汚れが取れた後はすぐに布巾で水分をふき取りましょう。

 

水と言うのは思っているよりも雑菌が繁殖しやすい環境です。
重箱をなるべく早く乾かし雑菌の繁殖や、水分による重箱の劣化を防ぎましょう。

 

汚れをふせぐために、詰めるときに一工夫

 

煮物などの濃い味付けのもの、黒豆や、なますなど水分の多いものはおちょこや小皿などを利用して直接、重箱に触れないようにしましょう。
紙カップでも、華やかなデザインのものがありますので利用すると見栄えが良くなります。
ちょっとの工夫で重箱のお手入れがとても簡単になります。
汚れも付きにくくなりますので、重箱の利用率も高まります。

page top